LGBT支援

Ally行政書士です。LGBTやFTM・MTFの方ご相談ください。
あきぼ行政書士事務所 TEL: 03-6458-7134


LGBT支援

Ally行政書士です。LGBTやFTM・MTFの方ご相談ください。

あきぼ行政書士事務所 TEL: 03-6458-7134

HOME | LGBT支援

LGBT支援

同性パートナーシップ

導入する自治体が増えています。

 

同性パートナーシップ

 
東京都渋谷区からスタートした「同性パートナーシップ証明」制度。最近は導入する自治体も増えてきています。そのご相談や手続をサポートします。
 
  

LGBT × 外国人・LGBT ×相続

LGBTの色々な相談を。

 

LGBT×外国人・LGBT×相続

 
契約公正証書、遺言書作成、相続などの相談から手続、アフターフォローまで。まずはご相談ください。
LGBTの外国人の方の在留資格の相談も承っています。
 

LGBTについて知ろう

意外と知られていないTの意味。

 

LGBTについて知ろう

 
LGBTの「LGB」は結構知られていますが「T」をよく理解している方はとても少ないと感じます。FTMやMTFの方の手術や今後のこと、当事者だけでなくそのご家族やパートナーの方の相談も可能です。
 

お問合せ

お電話でのお問合せ・ご相談は、月〜金10:00〜18:00
(土日祝のお電話はメールで予約願います。)

03-6458-7134
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付けています。
お問合せフォームへ

私がLGBTを支援する理由

私のAllyの定義

私はAlly(アライ)です。アライの正確な名称はStraight Ally(ストレートアライ)と言い、自分はLGBTではない(ストレート)けれどLGBTの人たちの活動を支持し支援している人たちを言います。しかし、私の中では定義が少し違います。

女性であることの違和感

私は今までの人生で3回、女性であることに違和感を感じた時期がありました。小学校の時、高校の時、そして36歳の時です。
小学校・高校の時はショートカットにしたり、ボーイッシュな格好をしたりしていれば気が済むくらいでしたが、ある日突然それはやってきました。36歳の時、自分のジェンダーアイデンティティーが見えなくなるショック、自分が何者なのか分からなくなり苦しみました。今でもあの時なぜそうなったのか、全くわかりません。

その時にインターネットでいろいろ調べ、LGBTに関するいろいろなことを知りました。レズビアンやFTMの友人もでき、いろいろな話をしました。自分の名前も家庭裁判所に申し立てて改名しました。(あきぼは改名後の名前です。)

カテゴリーなんて要らない

その後も自分を見つめ続けましたが、答えは「ない」です。ただ言えることは「女性」というカテゴリーの中にいるより「人」でありたいということです。
考えてみたら私に「女はこうあるべき、男はこうあるべき」という感覚がすり込まれていて、自らその固定観念で首を締めていました。だから、今は女性という「生物学的性別」には違和感はないけれど、性自認の性はとても中性です。そういう意味でも答えなんて、カテゴリーなんてない、本来はLGBTというカテゴリーも不要なんだと思うのです。

LGBTも個性

性自認も性指向も、全てその人の個性と思うのです。男は男らしく、女は女らしくなんて超ナンセンスだし、思うままの自然体でいいと思うし。性指向だって、好きになる人の外見が自分の外見からみて異性ならマジョリティ、同性ならマイノリティというのも可笑しな話です。→ 性自認・性指向ってなに?
 
そういう意味で、私はLGBTではない、というのは違うかなと思っています。今の世の中のカテゴリーにあえて当てはめるなら広義のLGBT・トランスジェンダーなのかなと思うのです。だからアライの定義とはちょっと違う立場にいると思うのです。ストレートだと思っていないわけですから。
ただ、LGBTをよく理解し、支援するという気持ちは同じなので、あえてAllyと言っています。そしてAllyとしてというより、行政書士としてLGBTの支援ができたらと考えています。

               

お客様の声

自筆書面

匿名希望様 外国人LGBT当事者

帰化許可申請

あきぼ行政書士事務所をどこで知りましたか?
Googleなどの検索
あきぼ行政書士事務所に依頼しようと思った理由をお聞かせください。
御所はLGBTに優しい事務所と思い、話しやすくなると思いますので。
あきぼ行政書士事務所の良かった点と悪かった点を教えてください。
良かった点:依頼に対して満足させていただきました。
悪かった点はないです。ですが、翻訳のサービスをオプションとして増やしていただけたら良いではないかと思います。
その他、ご意見やご感想などを自由にお書きください。
翻訳オプションを開設することになりそうでしたら、台湾書類の翻訳を私にまかせていただけたら嬉しいと思います。


自筆書面

SM様 外国人男性と日本人男性カップル

技術・人文知識・国際業務→永住許可申請のご依頼
パートナー契約公正証書、公正証書遺言作成

あきぼ行政書士事務所をどこで知りましたか?
Googleなどの検索
あきぼ行政書士事務所に依頼しようと思った理由をお聞かせください。

  • 同性パートナーへの理解・サポートに積極的であったこと
  • 外国人の在留ビザにも対応されていたこと

あきぼ行政書士事務所の良かった点と悪かった点を教えてください。

  • 同性パートナーへの遺言、パートナーシップ契約、永住権取得に関してワンストップでお願いできること
  • やりとりがスムーズで、不明なてんもすぐ回答いただけました。
  • 暑い中、自宅までお越しいただいたが恐縮でした。

その他、ご意見やご感想などを自由にお書きください。
親身になって相談にのっていただき、可能なオプションをたくさん提示していただいたので助かりました。


自筆書面

匿名希望様 MtF外国人と日本人カップル

日本人の配偶者等→永住許可申請のご依頼

あきぼ行政書士事務所をどこで知りましたか?
Googleなどの検索
あきぼ行政書士事務所に依頼しようと思った理由をお聞かせください。
外国籍の配偶者がトランスジェンダー(MtF)です。
これまでは配偶者ビザを更新していましたが、永住権取得に向けてLGBTに理解のある行政書士の方を探していました。
無料相談の際に実際にお会いして、とても親身になって私達の話を聞いてくださったことや、申請するにあたり不安な点もあいまいにせず持ち帰って調べた上で解決策を示してくださったので、ぜひ前田さんに依頼したいと思いました。
あきぼ行政書士事務所の良かった点と悪かった点を教えてください。

  • LGBTに対し偏見などなく対応してもらえた。
  • MtFであることを申請の際、明らかにしてもよいのではということを助言されたが、パートナー本人があまり気が進まないと言った際には、パートナーの気持ちを尊重してもらえた。
  • 保証人の私(配偶者)の追加資料を入管に求められたが、単に提出するだけでなく、プラスになるような理由書の作成も早急にしてもらえた。
  • 申請した提出物は全てまとめてきれいに控えとして送ってもらえた。
    (悪かった点はありません)

その他、ご意見やご感想などを自由にお書きください。
永住権を申請するにあたり、自分達のヒストリーを事細かにお伝えすることになるので、こちらが安心してお話しできたことはとてもありがたかったです。
対応も早く、資料の準備も万全なものとなるように細かく指示してくださいました。
今後も前田さんにお願いしたいと思います。

同性パートナーシップ証明制度

導入する自治体が増えています。 

2015年に渋谷区と世田谷区が初めて「同性パートナーシップ制度」を始めました。
その後年々増え続け、2020年7現在で以下の自治体が導入し、又は導入を決定し準備中です。

制度の詳しいこと

 どこの自治体も共通しているのは以下の条件です。

その自治体に住民登録をしている、またはこれから転入を予定している。
20歳以上である。
二人とも戸籍上同じ性である。(※千葉市は事実婚もOKなので戸籍上異性も含まれる)
二人とも配偶者がいない、かつ他にパートナーがいないこと。
自治体によっては、近親者同士でないことも挙げられています。

2021年4月現在導入している自治体は

東京都
渋谷区 世田谷区 中野区 府中市 江戸川区 豊島区 港区 文京区 国分寺市 足立区(HP未反映) 国立市 小金井市
関東
神奈川県
横須賀市 小田原市 横浜市 相模原市 鎌倉市 川崎市 逗子市 葉山町 三浦市 藤沢市 茅ヶ崎市 大和市
千葉県 
千葉市 松戸市
埼玉県
さいたま市 川越市 鴻巣市 北本市 坂戸市 桶川市 伊奈町 上尾市 越谷市 本庄市 行田市 三芳町
茨城県
茨城県
群馬県
群馬県 渋川市 大泉町 安中市(メンテナンス中)
栃木県
栃木市 鹿沼市
中部
愛知県西尾市 新潟県新潟市 静岡県浜松市 愛知県豊明市 静岡県富士市 長野県松本市
近畿
大阪府
大阪府 大阪市 堺市 枚方市 交野市 大東市 富田林市 貝塚市
京都府
京都市 亀岡市
兵庫県
宝塚市 三田市 伊丹市 芦屋市 川西市 明石市 尼崎市 西宮市 猪名川町(HP未反映)
三重県
伊賀市 いなべ市
奈良県
大和郡山市 奈良市 生駒市
中国
岡山県総社市 岡山県岡山市 広島県広島市
四国
香川県三豊市 香川県高松市 徳島県徳島市 香川県東かがわ市 徳島県吉野川市 高知県高知市 香川県小豆島町 香川県多度津町 香川県土庄町(HP未反映)
九州
沖縄県那覇市 福岡県福岡市 熊本県熊本市 宮崎県宮崎市 長崎県長崎市 福岡県北九州市 福岡県古賀市 宮崎県木城町 大分県臼杵市 宮崎県日南市 鹿児島県指宿市
北海道
北海道札幌市
東北
青森県弘前市

※自治体名をクリックするとサイトにジャンプします。

導入予定・具体的検討の自治体は 埼玉県東松山市 埼玉県久喜市 愛知県名古屋市 山口県宇部市 徳島県鳴門市 徳島県北島市 鹿児島県鹿児島市です。


渋谷区の同性パートナーシップ証明について 

公正証書作成が必要です

渋谷区同性パートナーシップ制度の特徴

 同性パートナーシップ制度の根拠は、他の自治体が「要綱」なのに対し、渋谷区は「条例」であるため、唯一「任意後見契約公正証書」と「合意契約公正証書」の正本または謄本が必要です。
 

渋谷区同性パートナーシップ
公証役場

 

任意後見契約公正証書とは 

将来のためにあらかじめ相手に後見人になってもらう約束をする契約です。
 

合意契約公正証書とは

お互いが愛情と信頼に基づく真摯な関係であることや、共同生活においてお互いに責任を持って協力し、必要な費用を分担する義務を負うなどの約束を契約書にすることです。

任意後見契約公正証書が不要な場合もあります

 相手方以外の人と任意後見契約を結んでいる、または結ぼうとしていて相手もそのことを納得していたり、性別変更の審判を受けた後、婚姻(異性になるので法律婚が可能となる)することをお互いが合意している場合などは不要です。
ただし、その旨を合意契約公正証書に明記する必要があります。

 

「任意後見契約公正証書」はお互いを守るためにとても有効な証書です。渋谷区の住民で無くても、同性パートナーシップ証明を利用しなくても作成することをお勧めします。詳しくはこちら

               

お引受けできること

渋谷区同性パートナーシップ制度のサポート

同性パートナーシップ制度サポート一式

88,000円〜

【サポート内容】
ご依頼者相談・打合せなど
戸籍謄本・住民票等収集
同性パートナーシップ証明書申請書類作成
任意後見契約公正証書作成サポート
合意契約公正証書作成サポート
提出時の同行など

※行政書士報酬額です。公証役場への支払い、送料などが別途発生します。
 

同性パートナーシップ制度サポート
(任意後見契約公正証書なし)

55,000円〜

【サポート内容】
ご依頼者相談・打合せなど
戸籍謄本・住民票等収集
同性パートナーシップ証明書申請書類作成
合意契約公正証書作成サポート
提出時の同行など

※行政書士報酬額です。公証役場への支払い、送料などが別途発生します。 

渋谷区以外の方

同性パートナーシップ証明書申請サポート(首都圏の自治体) 

33,000円〜

他県の方はご相談ください。

任意後見契約公正証書作成サポート

44,000円〜

合意契約公正証書作成サポート

44,000円〜

※行政書士報酬額です。公証役場への支払い、送料などが別途発生します。
 

・消費税込の料金です。
・打合せ、交通費などの実費も含めた金額です。 ※片道1,000円以内、移動時間片道1時間30分以内。)
・LGBTの方への支援も込めて、できるだけ行政書士報酬を抑えています。

               

LGBT×相続・LGBT×終活

LGBTに必要な終活と相続ーあなたがもし死んだら、パートナーはどうなるの?

法的効力でお互いを守ろう

 ご存知の通り日本では同性婚が認められていません。法律で婚姻が認められていないと、通常配偶者が得られる権利が得られません。
同性パートナーシップ証明制度を導入している自治体もありますが、法律婚で言う配偶者と同じ権利を持てるわけではありません。
それはLBGTに限らず、事実婚カップルも同じことが言えます。
 では、それに代わる何かで安心を得たいものです。
もし、あなたに今ずっと一緒にいたい、信頼している身内以外の人がいて、もし自分が将来認知症などになってしまった場合、信頼しているその人に色々任せたいと思うのではないでしょうか。
 さらに、もし自分が亡くなったとき、信頼しているその人に自分の財産を遺したいと思うでしょう。
 

お互いを守ろう

どんな法的効力があるの?

任意後見契約公正証書  公正証書遺言

 この二つの公正証書は、同性カップルの方がぜひ作成しておいた方がいい証書です。
同性パートナーシップ制度を利用する方も、その制度を導入していない自治体の方もこの公正証書は作成することができますし、私はそれらの制度有無関係なく利用した方がいいと考えています。
公正証書作成サポート業務は行政書士の業務の一つです。

 

養子縁組制度

同性カップルの方々の中には、養子縁組を考える方々もいらっしゃいます。実際に養子縁組になるとどういうメリット・デメリットがあるのか、自分達にはどういう方法が合っているのか。お二人の家族構成、理解度などをじっくりお聴きして、お二人の最適な方法を法的な部分をアドバイスしながら一緒に考えてまいります。

任意後見契約公正証書とは 

 任意後見契約公正証書とは、将来自身が事故や認知症などで判断能力を失ってしまった時のために、あらかじめ後見人になるという契約を結んでおくものです。
判断能力を失ってから成年後見制度を利用すると、申し立てられるのは配偶者か4親等内の親族等なので同性パートナーは申立人になれません。

公正証書遺言とは

 遺言公正証書とは、遺言書の一つです。自分の財産を誰に相続させるか(他人に遺贈させるか)の意思表示を公証役場の公証人に伝えて公証人が遺言書にするものです。自筆証書遺言は自分の自筆で書いて作るのに対し、法律の専門家がチェックしながら作成する遺言公正証書はより確実性があり、遺言の効果も無効になることが少ないです。

同性カップルの養子縁組について

 同性カップルが家族になれる一つの方法として「養子縁組」があります。戸籍上の「親子」になるのです。年上(同い年でも可能)の方が親となり、そちらの戸籍に片方が入ることになります。
姓は当然同じになります(親側の姓を名乗ります)。相続人にもなります。(公正証書遺言は必要と私は考えます。)
しかし、婚姻で生じる「夫婦」とはやはり違う部分も多くあります。どんなメリットがあるのか、デメリットは? 相続は? 色々な事を想定してご説明し、あなた方に最適な方法を考える必要があります。
ただ、法制度が変わり、「同性婚」が認められる時代が到来しても、養子縁組で親子になった方々は、養子縁組を解消して結婚することができませんので注意が必要です。

               

お引受けできること

LGBT終活パック 99,000円〜

【サポート内容】
ご依頼者相談・打合せなど
財産調査
任意後見契約公正証書作成サポート
遺言公正証書作成サポート
 ※証人報酬11,000円/1人 は含まれておりません。
提出時の同行など

※作成に必要な戸籍・住民票などの収集、不動産登記簿・評価証明取得の料金は、別途必要です(実費のみ請求)。
※行政書士報酬額です。公証役場への支払い、送料などが別途発生します。

個別にご依頼の場合

任意後見契約公正証書作成サポート

44,000円〜

遺言公正証書作成サポート
(証人報酬10,000円/1人 は別途必要です)

77,000円〜

養子縁組手続サポート

44,000円〜

※作成に必要な戸籍・住民票などの収集、不動産登記簿・評価証明取得の料金は、別途必要です(実費のみ請求)。
※行政書士報酬額です。公証役場への支払い、送料などが別途発生します。

・消費税込の料金です。
・打合せ、交通費などの実費も含めた金額です。 ※片道1,000円以内、移動時間片道1時間30分以内。
・LGBTの方への支援も込めて、できるだけ行政書士報酬を抑えています。

               

LGBTについて知ろう

LGBTのTって?

LGBTは各4つの意味があります。
L(レズ・ビアン=女性の同性愛者)
G(ゲイ=男性の同性愛者)
B(バイセクシャル=両性愛者)
T(トランスジェンダー=生物学的性別や社会的性別(男らしい/女らしい)に違和感を持つ人)

ここでいうLGBは結構知っている、認識している人が多くなりましたが、Tであるトランスジェンダーについてはあまり知られていないと感じます。
トランスジェンダーとは、生物学的性別(体の性別)と、自分の認識している性別が異なる人のことを指すのですが、そのパターンはまさに個人の数だけあります。

トランスジェンダー=性同一障がいではない

性同一性障がい(GID)は医学的な疾患名です。自分の身体と自分の心の性が違う人が医学的にこう診断され、逆にこう診断されないと性別適合手術等も受けることも戸籍変更をすることもできません。

トランスジェンダーは医学的な名前ではなく、大きく生物学的性別や社会的性別と自分の心の性に違和感を持っている人です。
トランスジェンダーは本当に広くいろいろな人がいます。

  • 身体と心の性を一致させたいと願い、GIDの診断を受け性別適合手術や戸籍の変更を望む人
  • 身体と心に違和感はあるが、手術や戸籍変更までは望まない人
  • いわゆる女装や男装をし、見た目と気持ちの性別が一致していることを望む人
  • 服装は身体の性と一致させるが、気持ちの性は別でいることを望む人
  • 心は性別に囚われないことを望む人 etc... 

性指向と性自認

性指向とは、自分がどちらの性を好きかということ。自分と同じ性別を好きになるなら同性愛、違う性別を好きになるなら異性愛、両方好きなら両性愛。性自認とは、自分の心の性です。身体と心の性が違う人をトランスジェンダーということは先述の通りです。

ここで理解して欲しいのは、自分がどちらの性が好きかと、自分がどっちの性だと認識しているかとは別物の話だということです。

だから個性だと思うのです

以前こんな人と知り合いました。
身体は女性。服装は女性の服を来ていて見た目は女性。性自認は男性。そして好きになる人は男性。
この人は同性愛者なのか、異性愛者なのか、そんな風に括る必要があるでしょうか?

女性のような喋り方をする男性とも知り合いました。好きになる人は男性。でも自分を男だと自認していて、細マッチョでした。男だと自認していても、好きな相手の前では乙女な訳です。

 
私自身、ここでこうやってカテゴライズして説明するのも矛盾している気がしますが、まずは知ってもらうことが第一かと思い、あえて書きました。
いつか、こういうカテゴライズする必要がない社会になって行ったらいいなと思います。

               

Site Menu

 

Page Menu

 

あきぼログ 

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

トップへ