あきぼ行政書士事務所

生活保護は諦める前に相談してください。不許可の時は返金します。

TEL:03-6458-7134

HOME | 生活保護支援

生活保護は恥ずかしくない

8月の営業日について

8月10日(土)〜25日(日)まで休業いたします。

26日以降から面談のご予約可能です。

いつもありがとうございます。
8月は、大変恐れ入りますが10日(土)〜25日(日)まで休業とさせていただきます。
お電話でのご相談もおやすみとなりますのでご了承くださいませ。

尚、メールでのお問い合わせは受け付けております。ご利用ください。

 

明日のために、前へ進もう

友人が「こども食堂」を始めました。居酒屋を経営していて、日曜のランチに中学生までは200円で美味しい定食を提供しています。
そこでふと思ったのです。
この子たちは、食事もだけど最低限の暮らしが出来ているのだろうか?

 
当然、その子たちの親が貧困なのであるが、何が原因なのだろう。
父親のリストラ・倒産・病気で働けない・母子家庭。。。

子どもだけでは、その親だけではありません。年金の少ないご老人、精神的疾患等で働くことが出来ない若者など、生活保護を必要としている人は年齢性別関係なくいらっしゃいます。

生活保護は、恥ずかしいから、窓口まで行く勇気がないからと申請しない人が多くいます。また、窓口に相談に行っても色々なことを言われて門前払いされてしまうということもあると聞きます。
 

憲法25条で保障されています

でも、決して恥ずかしいことではありません。憲法25条で保障されている国民の権利なのです。
そして、行政は申請を「受理」しなければならいと法律で義務付けられています。その後の審査で却下されることはありますが。
確かに、不正受給者が多く、審査が厳しいのはそれが原因です。しかし、もらうべき人がもらえないのは本末転倒です。

私たち行政書士は、行政に提出する「申請書類を作成する」のを業としていますので、生活保護申請の書類作成のサポートが出来ますし、窓口に同行することも出来ます。

私は、あなたが本当に生活保護を必要としているなら、保護を受けられるようにお手伝いします。
人間、お金がなければ自律しようと思う心もやる気も失います。明日のために、前へ進みましょう!
 
生活保護を受けさせたいと思っている家族の方の相談も受け付けています。

お電話でのお問合せ・ご相談は、平日・休日問わず9:00〜18:00
03-6458-7134
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付けています。
お問合せフォームへ

お客様の声ー生活保護申請サポート

O.M様 娘さんより依頼(申請後14日で受給決定)

足立区 ご夫婦で受給


あきぼ行政書士事務所をどこで知りましたか?

弊所HP

どうして、あきぼ行政書士事務所に依頼しようと思ったのですか?

・料金が安かった事
・前田さんが女性で相談しやすそうだった事
・相談窓口まで一緒に同行してくれる事

あきぼ行政書士事務所の良かった点と悪かった点を教えてください。

・手続きの書類を分かりやすく教えてくれた事
・話をじっくり聞いてくれた事

その他、ご意見やご感想などを自由にお書きください。

・前田さんが一緒に窓口に同行してくださり、母も私も心強かったです。
・区役所の方にも行政書士さんが書類作成してくれたおかげで色々と助かったと話してくれました。ありがとうございました。

T.R様 本人より依頼(申請後10日で受給決定)

埼玉県 男性 独り暮らしで受給


あきぼ行政書士事務所をどこで知りましたか?

弊所HP

どうして、あきぼ行政書士事務所に依頼しようと思ったのですか?

弱い人の気持ちを理解してくれそう

あきぼ行政書士事務所の良かった点と悪かった点を教えてください。

先生の母性を感じました。

その他、ご意見やご感想などを自由にお書きください。

ありがとうございました。

私がお引き受けします

夢、想い、希望をカタチにするためのお手伝い

行政書士 前田あきぼです。 

弊所サイトをご覧いただきありがとうございます。
東京都江東区の行政書士、前田あきぼです。
困った顔をした人が笑顔になる時が一番嬉しい。
迅速、丁寧、柔軟な対応を心がけています。
 

垣根の低い法律家を目指しています

ご相談を受ける際に、少しでもリラックスしてお話しして欲しい。
話しやすい空気を作り、話をよく聴き、専門用語を使わず分かりやすい言葉で説明することを目指しています

料金についてー生活保護申請サポート

※ボランティアとはいきませんが、できるだけ負担のないようにしています。

私が福祉事務所に同行します!【東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方対象】

30,000円(税込)これ以外は一切いただきません。

生活保護申請サポートに含まれる業務

面談でのご相談(申請人の生活状況などの確認をします)
必要な書類のご説明
窓口へ同行
申請書類の作成
私が移動にかかる交通費も含まれています。

 

実際にお会いしてお話を伺ってから受任します

お電話やメールでまずはご連絡をいただきますが、必ず「一度お会いして」お話を伺ってからの受任とします。それは、お互いに誠意を持って事に当たるという意味で大切なことだと思うからです。
したがって、実際にお会いすることが可能な東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県にお住まいの方を対象としています。
電話かメールのみのやりとり、そして郵送のみでの申請は行なっていません。

着手金10,000円は最初にお支払いください

お金に困っているわけですから、できるだけ負担のない料金設定にしていますが、やはりボランティアではありませんので、最初に10,000円の着手金を払っていただいてからの業務開始となります。
それは、お互いに信用を得るということ、要はあなたは報酬を払う、わたしは仕事をする責任を持つという意思表示を示す意味もあります。

残り20,000円は分割支払い可能です。 

お電話でのお問合せ・ご相談は、平日・休日問わず9:00〜18:00
03-6458-7134
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付けています。
お問合せフォームへ

生活保護申請の流れ

申請するまで

メールや電話などで生活保護についてのご相談をお聴きします。その後、面談の日にちを予約します。

 

面談日に実際お会いして、詳細を聴いたり質問したりします。その後、お互いに納得したら契約をして、私があなたの生活保護申請書類を作成します。 

あなたのお住まいの管轄である福祉事務所へあなたと一緒に行き、申請書類を受理してもらいます。 

 

申請したあと

申請すると、福祉事務所が家庭訪問や、財産調査、扶養義務者の扶養可否調査、年金や社会保障給付、就労収入などの調査、働けるかどうかの調査をしますので、協力してください。

 

申請してから14日〜30日で結果が出ます。保護開始の決定が出たら保護費が支給されます。
保護費が出ましたら、残金20,000円を分割でお支払いください。(最長4回:5,000円×4)

 

不許可だった場合

  • 私が申請して不許可だった場合は、着手金10,000円は返金いたします。または再申請をします。(再申請の着手金は無料)
  • ただし、以下の場合は返金しません。
    • 何らかの嘘を言っていた場合
    • 自ら申請を取り下げた場合

身内(例えば自分の親など)に生活保護を受けさせたいと思っているご親族の方へ

※別居している方であれば、本人以外の家族も申請できます。

例えば高齢の親に生活保護を受けさせたい、と思っているお子さんなど、本人以外の親族の方の相談も受け付けています。

・ご両親とは別居している方。
・精神的な支えはできるが、金銭面の援助が難しい。
・自分が窓口に行くと、「あなたが扶養しなさい」と言われるのではと不安で行動に移せない。

自分自身の生活が精一杯で、親御さんの金銭的援助までは難しいという方はたくさんいらっしゃいます。
それでも、放っておけないのが心情です。
生活に窮している本人だけでなく、別居している家族(子どもや叔父叔母、兄弟姉妹など)も本人に代わって申請することは可能です。
一度メールまたはお電話でお話をお聞かせください。

※「まずお会いして相談したい」も受け付けています。
その場合は一旦「相談料4,000円(1回・時間制限なし)を請求」させていただきますが、その後受任した場合は、報酬額に含めます。

生活保護の間違った認識

あくまでも可能性です。全ての人が当てはまるとは限りません。一度ご相談ください。

1. 持ち家に住んでいると、生活保護を受けられない?

持ち家に住んでいても生活保護は受けられる場合が多いです。しかし、場所や築年数、ローンが残っているかいないかなどで変わってきます。一度ご相談ください。

2. 同居している家族一人だけが生活保護を受けられますか?

生活保護は世帯ごとに受給するものです。家族全員での申請となります。よって、家族全員の収入がいくらか、などで決まります。

3. 車を持っていると生活保護を受けられない?

車がなければ生活に支障をきたすなどの正当な理由がある場合は車を持っていても受けられる場合が多いです。ただし、高級車などは難しい場合があります。

4. 少しでも収入があると、生活保護は受けられない?

生活保護は、あなたが住んでいる地域の最低生活費から収入を引いて、その差額を受給できます。もし、その地域の最低生活費が10万円で、あなたの収入が5万なら、差額5万円が支給されます。

5. これから支払う予定があるお金を持ったまま、生活保護を受けられる?

生活保護は、申請をした日にいくら持っているかが基準となるので、支払う予定があるのであれば、それを支払って所持金が減ってから申請します。

6. 別居している親に生活保護を受けてもらいたいけれど、子どもの私が代わりに申請できない?

例えば親御さんが病気で出かけれらないなど、窓口に行けない場合は、親族の方が代理で申請できます。しかし、生活保護を申請する本人が生活保護を受けたいという意思が必要です。(勝手に受けさせることはできません。)

7. 以前生活保護を受けていたことがある人は、再度生活保護を受けられない?

以前生活保護を受けていたが仕事が決まった等で廃止した方が、再度仕事を失って生活保護を受けることは可能です。ただし、最初に申請をした時と同じ手順を踏むことになります。

8. 借金がある人は、生活保護を受けられない?

借金を抱えている人でも生活保護を受けられる場合があります。ただし、確実ではありません。

9. 生活保護を受けたいけれど、別れた夫に通知が行くと聞きました。必ず通知されてしまう?

母子家庭等の場合、子どもの扶養について元夫に通知が行くことになります。しかし、夫に生活保護を知られたくないという正当な理由がある場合(DVを受けていたなど)は扶養照会をしないことを要求することができます。

10. 親に生活保護を受けさせたいけれど、子どもが扶養しろと言われてしまうのではないか?

民法では、特定の親族に対して扶養義務というものがあります。しかし生活保護法では親族の扶養は義務となっていません。親族の誰かが扶養できれば望ましいですが、子どもが扶養しろ、という理由で生活保護を受けられないということはありません。

お読みください

生活保護申請は、契約時に10,000円を現金払いでお願いします。

できるだけ負担のない料金設定にしていますが、お互いに信用を得るために最初に10,000円の着手金を現金でお支払いただいてからの業務開始となります。

不許可の場合は、10,000円を返金します。

または、無償で再申請をします。どちらにするか選ぶことができます。

こんな場合は返金も無償再申請もできません。

申請のためにお聴きしたことで、何らかの嘘を言っていた場合。

自ら申請を取り下げた場合。

こんな場合は、相談料4,000円を請求させていただきます。

お話をした上で、受任に至らなかった場合。

依頼をする前に、まずは面談をしたい場合。(この場合は、その後私が受任した場合は報酬額30,000円に含めます。)

あきぼ行政書士事務所の特徴

 

うかがいます

希望の場所で、リラックスして欲しい

私は、お客様のご希望の場所へおうかがいしてお話を聞く、というスタイルをメインにしています。それは、慣れた場所でできるだけリラックスして話して欲しいと思うからです。

とにかく話しやすい雰囲気を作りたいと思っていますので、場合によってはスーツ姿以外でお伺いします。

外国人ビザ

外国人ビザは、返金制度や無償再申請制度を用意しています。

日本で働きたいとか、日本人と結婚して日本で暮らしたいと思っても、在留資格が取れないと実現できません。その人たちにとっては人生を左右する大きな事です。私が書類を代わりに作成し、申請して不許可になった時、私にできることは「せめて、費用をお返しすること」です。または、無償で再申請の手続きをします。

相続手続

ワンストップサービスで、お客様の負担をできるだけ少なく。

ただでさえ、大切な家族を失った辛く悲しい時期に、相続手続きをしなければならないのは精神的にも堪えます。せめて、面倒で大変な作業は専門家に丸ごと任せて心の負担を少しでも軽くしたいと思っています。

司法書士、税理士と連携して作業することで、不動産登記や相続税の処理もお受けすることが可能です。

遺言書作成

遺言書は必ず書いた方がいい方がいます。

遺言書は、必ずしも全員が書かなければならないとは思いません。しかし、必ず書いた方がいい方がいます。まずはぜひご相談ください。可能な限り、争いのない相続となるようアドバイスします。

生活保護支援

憲法第25条で保障された国民の権利です。

生活保護を受けたくても、窓口で追い返されてしまったり、どう手続きしていいかわからなかったりして二の足を踏んでいる方がたくさんいらっしゃいます。正当な理由があれば、誰でも受ける事ができる国民の権利です。自立への第一歩を、勇気を出して踏み出しましょう。

LGBT支援

お互いがパートナーを守るための支援をしています。

私はAlly(アライ)です。行政書士になってやりたかった事の一つが「LGBTの人たちの力になる」ことでした。今まで素敵な同性愛カップルやトランスジェンダー、FTMやMTFの友人といい出会いをしてきました。だから行政書士ができることでLGBTの人たちを笑顔にしたいのです。

終活ノート

エンディングノート書き方ワークショップを行なっています。

終活の一つである遺言書作成も、いきなりはちょっと垣根が高すぎると感じてしまいます。まずは終活の初めの一歩である「エンディングノート」から始めてみませんか。エンディングノート書き方ワークショップを開催していますので、ぜひ参加してください。

サービスの流れ

お問合せ

 

お電話かメールフォームで。

お電話、またはメールフォームよりお問合せください。ご相談内容をお聴きします。
お電話やメールでお答えできるのは、以下のような内容です。
 

  • 一般的な回答
  • 相談内容が他士業の独占業務であればその旨と、ご紹介
  • ご相談内容を私が受任した場合の大まかな料金

 
初回のお電話(30分まで)とメール(何度でも)でのご相談は無料です。

お電話でのお問合せ・ご相談は、平日・休日問わず9:00〜18:00
03-6458-7134
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付けています。
お問合せフォームへ

ご希望の場所までおうかがいします。

 

土日祝もおうかがい可能です!

私は「お客様のご希望の場所へおうかがいしてお話を聞く」という訪問スタイルをメインにしています。慣れた場所で、リラックスした気分でお話をして欲しいと思うからです。
平日はなかなかお時間が取れない場合は、土日祝の予約で対応できます。
東京23区でしたら、私がうかがう時の交通費はいただきません。
(その他の地域は、利用交通機関や往復に要する時間等で請求します。)

相談料(実際お会いしての場合)は1回につき4,000円(税込)です。
お時間の制限はありません。ゆっくりお話をお聞かせください。 

尚、ご相談後受任となりました場合は、相談料は無料となります。

お電話でのお問合せ・ご相談は、平日・休日問わず9:00〜18:00
03-6458-7134
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付けています。
お問合せフォームへ

ご契約へ

 

契約書のサインと着手金のお支払い後に業務開始します。

私が、受任する業務の説明をします。わかりやすい説明を心がけます。契約内容をご確認いただいてから契約書にサイン、着手金をお支払いいただきます。
尚、着手金は
契約内容に応じて合計金額の30%〜全額をお支払いいただきます。

外国人ビザ(在留資格)各種申請の書類作成は、不許可になったときは半額返金、または再申請を無料でいたします。どちらか選択可能です。(一部例外事項あり。詳しくはこちら

ご依頼内容が他士業の業務となる場合は、ご希望に応じて提携弁護士、税理士、司法書士等をご紹介します。紹介料はいただきません

お電話でのお問合せ・ご相談は、平日・休日問わず9:00〜18:00
03-6458-7134
メールでのお問合せ・ご相談は24時間受付けています。
お問合せフォームへ